乙女沼にて恋は踊りき

腐った乙女ゲーマーの叫び

遙か3U 中途感想と雑記2

 

地道に地道にプレイしてます。

ヒノエくんと朔ちゃんをクリア。

 

ヒノエくんは良くも悪くも普通でした!

大きな困難やすれ違いもなく、ひたすらカッコいいヒノエくんにトキメキ続けられるルート!

弁慶さんがアレだったんでちょっと構えてたんですけど、ほんとに弁慶さんがアレなだけだったんですねwwww

 

朔ちゃんルートは自分でも想定外に大号泣。

もう朔ちゃんの気持ち考えるとたまらなかった…!!

ちょっと望美ちゃんが無神経に見えもしたんですが、そのまっすぐさが朔ちゃんの背中を押したのだと思えば、とてもバランスの良い二人なのかな、と。

 

地道に蜜月も集まっておりますw

もーーー弁慶さんのあの、かくれんぼのやつとか!好き!!!

あれ蜜月だっけ?忘れましたけど!←

 

攻略ろくに見ずに好き勝手に進めてるので、

めちゃくちゃ効率の悪いプレイしてる自覚はあるんですが、楽しくて仕方ないので問題なし!

今後もちまちま進めていきます♡

 

 

 

さて以下は雑記。

 

先日何気なく、コルダ4の体験版をやってみたんですよ。

そしたらもーーーーめっちゃおもろいやん!!

 

というわけで、

 

コルダ3フルボイス版を購入しましたw

 

 

4じゃないんかい!って感じですが、

やはりやるなら3からだろと思いまして。

4からでも出来るような感じになってるのはわかるんですが、どうしても知り合った頃のことが知りたい!順を追って楽しみたい!!!という気持ちに勝てませんでしたw

 

まだ手を付けられてないんですが、

棚に並んだコルダ3を見てニヤニヤする毎日です。

 

 

今はですね、遙か3Uやりつつ、

メインはモアブラやってますw

 

これは買ったんじゃなくて知人に借りたものなので、早めに終わらせて返さなきゃっていう事情もあり。

 

カナト、ユーマ、ライト、アズサ、アヤトまで終了してます!

全部終わったらまた感想書く予定です。

 

ディアラバはまりつつありますね〜〜w

お金に余裕できたらvita版で揃えたい。

 

毎日乙女ゲームが楽しくて幸せだなぁ♡

 

 

 

そんな感じで雑記でした!

 

 

久々に地雷踏んだ話

 

ゲームの話ですけどねもちろん。

 

乙女ゲームで地雷踏んだのは2年くらい前の薄桜鬼以来なので結構久々。

 

レビュー確認しまくってから買う方だし、なんかもう見るからにヤバそうなのは避けてきたのでそうそう当たることもなかったんですよね。

 

でも最近は、ヤバそうだな〜と思って避けてたゲームもやってみたら意外と楽しい!なんてことはわりとあるものだと経験で知ってしまったので、ちょっとくらい危険な香りがしても絵が好みだなとか設定好きだなとか、有名だし知っておきたいなとか思ったらとりあえず買ってプレイしよう!みたいな謎の積極性が生まれてたんです。

 

それが良くなかったよね。

 

 

とにかく辛口というかほぼ文句なので

以下、ご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私がこの度踏んだ地雷。

 

それは

 

忍び、恋うつつ!!!!

 

 

 

 

vitaに移植もされてるし続編も出てるし、好きな方も多い作品なんでしょうけども。

 

やられました。

色んな要素から危険な香りはしてたんですが、絵が綺麗だな〜ってずっと思ってて。

 キャストも好きな方々だし、まあ設定はちょっとアレだけど頑張ればいけるんじゃないかな?と。

 

思ってた時が私にもありました。

 

 

 

 

結論、我来也はギリギリ…セウト。←

でも他が本当にダメで久々にフルコンせずに挫折しました。

 

最初は色んなことに憤りを感じつつも咲助、鎌清とプレイ、見た目も声も好みの蔵人は期待したい!と思いながら頑張っていたのですが……ついに限界になり、蔵人の六章あたりでスタート画面に逆戻り。

 

そこから、評価良さそうな我来也だけは…と奮起してなんとか我来也はエンディング迎えることができました。

 

 

ダメだった理由は主に

・かえで卑屈すぎ

・シナリオ薄すぎ、下手すぎ

 

ですね。色んなところで見かける意見と大体同じです。

 

とにかくかえでちゃんの卑屈っぷりがすごかった。

我来也ルートではそんなこと言ってうじうじしてる暇もなかったせいかあまりそういう発言もなかったですが…

他のルート、さすがに酷い。

 

序盤はまだわかるんです、迷惑かけてるかなって気に病むのも。

でも何度も優しくしてもらって、迷惑なんて思ってないよって言ってもらってるのに、終盤でもまだ「勘違いしちゃダメ」だの「迷惑だよね…」だの……

もはや相手に失礼ですよね。

だって全然相手の言葉も行動も信じてないってことでしょう?とんでもなく自己中やんけ!

今まで与えてもらったすべてがなにも響いてなかったのねあなたには!と思ってしまいました。

 

最初は卑屈でもいいから、ちゃんと相手の言葉と行動を信じて、自分を信じられる子になってくださいよ。

信じてる人が信じてくれる自分を信じようよ。

それが出来ないままじゃ、ただ他人に依存して価値をもらって安心してるだけじゃん!

 

かえでちゃんがそんな調子だと、かえでちゃんに惚れちゃった攻略対象がバカに見えるんですよ。

こんな子のどこがいいの?ってなるんですよ。

 

卑屈な上にシナリオが薄っぺらすぎてかえでちゃん本当に大したことしてないから、好きになるポイント真面目にわからなくなっちゃって。

たしかにかえでちゃんは努力の子だけど、それだけじゃ説得力がない。そんな子絶対他にもたくさんいるからねその学校!と思っちゃう。

いじめに耐えてる姿が健気?それほぼ同情だぞ!

 

あと、蔵人のルートでなぜ最後までたどり着けなかったかというと、かえでちゃんのペラい説教シーンがあったのが耐えられなかったから。

蔵人の弟、1歳下?ですよね?そんな子供諭すみたいな言い方で、誰でも思いつきそうなペラい説教長々とされても…。

それで目を覚ます弟はどんだけバカなの?と。

 

で、さらに言うとその前後で気になるポイントが多すぎた。

 

弟くんが攫われそうになってるシーンで、もう複数回会ってるはずのかえでに向かって弟くんが「あ!たしか、兄ちゃんの…」みたいなこと言うんですよ。

いや、名前知っとるし普通にもう知り合いだろーが!

 

そのあと、弟を救出してからの説教シーンが終わって、ごはん食べてけよ的な流れで

「大したものは出せないがご馳走になってくれ」

って蔵人が言うんですが……これ日本語おかしくないです?

「ご馳走させてくれ」とか「食べていってくれ」とかならわかるんですけど…すごい違和感。

頭いい設定の蔵人くんがこんな微妙な日本語使うとめっちゃ気になるからやめてくれ!

 

 

あと他にも、地の文がないが故の説明台詞の多さとその構成の下手さ、不自然さが耐えられないレベルだったりとか…もう、枚挙に暇がないほどツッコミどころだらけ。

 

最後までやりたかったけど耐えられそうになくて、あえなく挫折でございます。

 

 

すごい、時間無駄にした気持ち…

でも、良いも悪いもやらないとわからないのが乙女ゲームですもんね。

プレイしたことで、どんな作品か知れたというのは良かったのかも。

 

次はなにしよーかなーーーーー

しばらくキャラゲーはやりたくない…

慎重に、次を選びたいと思いますw

 

 

 

 

 

 

DIABOLIK LOVERS フルコンプ感想

 

正確にいうとヘブンシナリオ見てないキャラが複数いるのでフルコンしてないんですけど、一応全員の全エンド見たので感想です。

 

ネタバレあるので注意!

 

 

 

 

 

 

 

結論、意外と面白かったw

 

 

カナト→ライト→アヤト→レイジ→シュウ→スバルの順でプレイしたんですが、結果的になかなか良い順番だったと思ってます。

 

人によっては心折れる順番だと思うのであまりオススメはしないですけどww

人に勧めるならスタートはアヤトかなぁ。最初は三つ子しか選べないし、他二人に比べればアヤトは優しい方なのでね。…比較的ね。

 

 

 

私はもともとこのゲームに期待してなかったしレビューを見ても酷評が多かったので、ある程度のことは受け入れてとにかくフルコンしてみよう!という意気込みでプレイしたんですが……

 

 

カナト、一話目でフォーク突き刺してくるのやめてくんないかな!!

 

心折れちゃうからさ。

 

もうカナトルートは全編通してあまりの理不尽に笑いが止まらなかったですwww

見た目が一番好みだったので最初に選んだんですが、もう彼、Sっていうかただのメンヘラですよね?被害妄想とヒステリーがすごい。

そして、酷い扱いを受けているにも関わらず、彼の我儘で甘えん坊なところが可愛くってどんどん絆されていく主人公ちゃん。

 

完全にダメ男とバカ女ですよ。

現実にもいそうなDVカップル。

 

…でも嫌いじゃないですw

 

初っ端だし衝撃はすごかったですけど、シナリオがぶつ切りな分、深刻になりすぎないというか。後引かないというか。

トーリーとしては全然中身が無いんですが、スカスカ故に重くなりすぎない。

これでもし話がめっちゃ作り込まれてたら主人公ちゃんもプレイヤーも鬱になりそう。

 

このシナリオぶつ切り仕様に関しては結構マイナスポイントとして挙げてる方が多いと思うんですが、私は逆だと思いましたね。

それにシナリオが繋がってないということはその間のことを妄想する余地があるので、二次創作的にもやりやすそうだなってw

 

主人公ちゃんがストーリーの合間合間で精神的に立て直してくるおかげで、最後まで見ることができた気がします。

 

なんだかんだ、最後らへんにはカナト可愛いなって私も思っていたので大概洗脳されてますねwww

 

 

カナトの次はライトだったんですが、カナトに比べれば少し優しい……いや、優しいのか?

ただの変態だったような気がするな。

 

平川さんがもう素晴らしかったですね!

カナトの梶さんもヒステリックな芝居とても良かったですし、ディアラバは声優陣が本当に良い仕事してます。元々CDだからかな?

 

平川さんは優しいお声なのでSってどんな感じになるんや?と思ったら、まーーーー……

 

 

ど変態。w

 

 

従順でも反抗的でも喜ばれちゃう。

 

女好きだから主人公ちゃんにも優しいっぽいですが、実際は自分の快楽最優先なので、ここぞという時に裏切られるw

じわじわ精神的に追い詰められていく感じでしたね。

 

時折見せる本当に怒ってる時の声マジで怖かったです。

 

ライトくんの立ち絵めっちゃ好きでした。

笑った顔の可愛さはダントツ1位。

 

 

お次はアヤトくん。

ここまでの二人でだいぶ精神がやられかけていたので、アヤト始めるまでに少し間が空いてしまいましたw

 

ですがやり始めてみると、アヤトは意外にも可愛い担当!

俺様だし意地悪なんだけど、なんというか…素直。純粋?なんて言えば良いかわかんないですが、なんか可愛いんですよ…。

弟っぽいというか。カナトとかより生粋の甘えん坊って感じw

 

前の二人がアレだったせいもあって、意外なほど安心感のある子でした。

 

ところで緑川さんの声ってダミヘだとなんかエロス増していません?

リアルにイヤホンから緑川さんの吐息出てる気がしたんですけど。超こそばゆかった。

 

 

 

そしてお次はレイジ。

正直、パッと見て一番興味なかったんです。

まるで視界に入らなかったというか。

見た目も好みでないし小西さんもあまりよく知らないし。

 

で、やってみたら。

 

 

めっちゃくちゃ好きなタイプでしたwwwwww

 

 

これは大躍進ですよ。

私いつもそうなんですよね。自分でも予想外のキャラに落とされる。

 

なんかレイジルート、めっちゃ少女漫画展開じゃなかったですか????

 

最初は完全に主人公ちゃんを下等生物と思ってるから、乱暴すらあまりされないんですよね。そんなことする価値もないという判断。おかげさまで三つ子よりだいぶ安全。

やや経過してからは、隣にいるならそれなりの女であれとムチで叩かれたりしてましたけど、まあ教育的指導ならしょうがない。(洗脳)

 

 

そんなレイジがですよ。

 

 

厳しくてプライド高くてすましてるレイジが、主人公ちゃんのためにコーデリアに跪く感じ、たまらないんですけど!!!

ムチで打たれたレイジのスチル最高なんですけど!!!!!

 

なんかもう、三つ子がアレだった反動ですかね?

すごくきちんと主人公ちゃんを愛してくれてるなって思うんです。

なんだかんだ、すごく厳しいけど優しいし。

カルボナーラくそ萌えたし。

 

体乗っ取られてた時の、

あなたの居場所はここにある

という言葉がね、本当に、本当に嬉しかったんです。

 

ここにきてようやく乙女ゲームやってることを思い出せました。これこれ。求めてた。ほんとに。

このへんから、ディアラバ侮れねーなと思い始めましたw

 

 

お次はシュウ。

人気キャラみたいですね彼は。鳥海さんだし、見た目もいいし、なんか一番穏やかそうだし。

レイジでだいぶ持ち直していたので、それなりの期待値でプレイ。

 

…してしまったせいか、そんなに……

や、なんか……

普通でしたねww

 

ほとんど主人公ちゃんによる介護奮闘記。

スチルはかなり良いのが多かったんでスクショ撮りまくったんですが、うーん、、

 

たぶん、コーデリアの話がほぼスルーだったからかな?

私としては主人公ちゃんをちゃんと好きになって欲しいので、コーデリアの影響で妙に積極的になったり挑発的なこと言ったりしたりする部分に関しては違和感を持って追求して欲しかった…。

 

まあ他の兄弟たちの話で散々そのへん触れているので、シュウルートでは外したのかもしれませんが。

 

メインとなったエドガーのこと、なんとも心が苦しくなるお話でした。

あんなに純粋で溌剌としていたシュウが今のようになってしまった原因。トラウマの原因。

あの日に負った心の傷はどれほど深いのか考えると悲しくなる。

 

シュウの前にレイジやっててよかったなと思います。このルートのレイジ、ひたすらやな奴だったのでw

 

 

 

そして最後は末っ子スバルくん。

 

彼のルートはもう…多くは語るまい。

なんていうか、すごかった。

ほんとに。

 

すげー、乙女ゲームだった。(真顔)

 

 

なんなんですか?この子。

めっちゃいい子やないですか…!!

 

破壊衝動の塊?

その根源を知ってしまえばもう抱きしめたくなるだけやないですか。

 

自分のせいでお母さんは穢れてしまったと自分を憎んできたスバル。

あなたはとっても綺麗で優しい子だよって何万回でも言ってあげたい。

 

お母さんを助けたかったのね。

大好きだったのね。

 

 

スバルくんは主人公ちゃんのことも、一生懸命助けようとしてくれていました。

純粋で不器用で優しい男の子。

マジで良いルートでした。

序盤の三つ子なんだったの?ってくらい。

いや、三つ子も好きだけどねw

 

 

 

 

 

 

ディアラバ終えてみて。

意外なほど面白くて、ストーリー性なくても結構脳内補完できちゃう自分にも気が付けて、これは買ってよかったかもしれないと思いますw

 

やる前は絶対地雷だろ…と思ってたんですけどね〜。

絵が好みなら結構なんでもいけるのかもしれない私。

 

続編もたーくさん出てるようなので、買ってしまおうかなと思ってますw

 

今のところ好きキャラに順位つけると

 

1位 レイジ

2位 スバル

3位 ライト

4位 カナト

5位 シュウ

6位 アヤト

 

って感じです。

 

ライトカナトが健闘してるのはたぶん洗脳によるものですw

 

続編でどんどんキャラが増えると噂に聞いているので、この順位がどんな風に変わるのか少し楽しみ。

 

 

つーかめっちゃ長文になっちゃった。

 

明日からは遙か3に戻ろうかな。

でもたくさんPSPソフト買ったからしばらく色々試したい気持ちもありますw

 

ま、気分で決めまーす。

 

そんな感じで。

遙か3U 中途感想と雑記

 

このゲームめちゃめちゃ面白いな。

 

 

 

今のところそんな感じです。

まだ弁慶さんの恋愛エンドしか迎えてないんですが、やはりネオロマンスは間違いない。

 

ネオロマンス作品はこれまで下天しかしたことがなくて、ここまでがっつりRPG感あるとどうなんだろう?と思っていたんですが、作業要素もそんな苦じゃないですね今のところ。

むしろ戦闘だのレベラゲだのにほとんどの時間を費やしてるくらいです。ストーリー進まねえ!

 

あと十六夜エンドの迎え方がわからなくて困り中。

そもそも十六夜エンドって何ですか?←

蜜月とかもよくわからない……なんかお月様は出てきたんですけどね?これであとは何?どうすりゃいいの?っていう。

 

攻略見ずにやってたらなんかもーこれからどうしたらいいのかわからないw

とりあえずヒノエくんか敦盛くんの恋愛エンド目指して頑張ろうかなっていう状態です。

 

譲くんと敦盛くんは選択肢がわかりやすいというか、すごい簡単に好感度上がるなぁと思っていたんですが、よくよく考えたら弁慶さんがクセ強いだけかもしれない。

 

ちょっとひねくれてますよね弁慶さんww

でもそういうところが好き。

宮田幸季さんをどんどん好きになるw

 

 

 

 

 

さて雑記です。

乙女ゲーム買いました。

PSPの中古でやたら安いやつを数本。

 

私まだ乙女ゲーマー歴が3年程度と浅く、金銭面でも余裕のある方ではないので、有名作人気作でも未プレイのものが多いんですね。

そんな奴が乙女ゲーマー名乗るのはちょっとおこがましいかなという意識と、有名作に対する偏見みたいなものを無くすために、名の知れた作品をいくつか購入しました!

 

買ったのは以下の6本。

 

*S・Y・K  新説西遊記portable

NORN9 ノルン+ノネット

緋色の欠片 ポータブル

*忍び、恋うつつ

*DIABOLIK LOVERS

*CLOCK ZERO 〜終焉の一秒〜portable

 

地味に高評価が多い印象のSYK、

絵師さんが好きなノルン、

有名作といえば、で緋色、

アホそうなゲームやりたい欲求からの忍び、

地雷もたまには踏もう!でディアラヴァ、

これまた人気らしいけどよく知らないCZ……

 

我ながらメジャー所を集めたなという感じ。

 

遙か3Uはフルコンに時間がかかると見越して、合間に別ゲームをぶち込もうという作戦です。

 

とりあえず明らかに地雷なディアラヴァ行こうかなw

 

薄桜鬼もうたプリもダメだったんで人気作には警戒心がすごいんです私。

うたプリはキャラと楽曲は大好きなんですけどね。乙女ゲームとしては無理でした。

薄桜鬼やうたプリに比べても酷評が多いディアラヴァはもう確実に地雷と思うんですよ。

 

でもやらずに批判はしたくない!

 

警戒しまくってたアムネシアにハマったという過去もあるので、期待値下げすぎずにプレイしていきたいと思います。

あんまりマイナスイメージからプレイし始めると自己暗示にかかっちゃうので。

 

 

そういう感じで。

 

 

 

 

 

剣が君 百夜綴り フルコンプ感想

 

めっちゃ泣きました。

全部読み終わってからの百日草は本当に心に来た。

まだちょっと引きずってるので思い出し泣きしそうです。

 

 

順を追って感想書いていきます。

ネタバレありますので注意。

 

 

 

 

 

まずは二輪草。

これは後半のお話になるに連れて笑える話が多くてすごく楽しかったです!

なかなか見れない組み合わせがたくさん見れて新鮮でした。

 

個人的にお気に入りの話は、鈴懸と実彰、左京と実彰、螢と実彰…ってとりあえず実彰さんがいればいいみたいになってますけど偶然ですw

 

実彰さん絡みの話は、実彰さんの苦労性ぶりやら巻き込み巻き込まれ体質やらが垣間見えて、本当に面白くて愛しかったというか。

やっぱりね、彼は優しい人だからひとり孤独になんて生きるべきじゃないし、そんな生き方きっと出来ないんですよね。どうしたって人に好かれるから、陽のあたる場所に手を引かれてしまうんだと思います。

左京さんとの組み合わせの時は、さすが剣が君二大美人(今私が決めた)だけあって、スチルの美しさが素晴らしかった。しばらく眺めてました。

 

あとは鈴懸絡みの話全般好きですね。

なんというか、彼が絡むとみんなお兄ちゃんぽくなるのがとても面白いw

 誰と組み合わせても、なんだかんだみんな鈴懸に甘くて、彼の要望に付き合ってあげることになるのが微笑ましいといいますか。純粋すぎて勝てないんですよねwwある意味、護衛仲間内で一番強いのは鈴懸かも。

 

 

続いて江戸菊の書。

これはサブキャラの話になるのでどうなんだろうかと思っていたら、想定外に面白かったです。 

面白いって笑える方じゃなくて興味深い方で。

 

とくに心にきたのはやはり、斬鉄とシグラギの話ですね……焼けた里を後にするふたりのスチル見て号泣。

小さな彼らが負った心の傷を思うと、何もかも全て許したくなってしまいます。

同じような境遇だった螢は、復讐ではなく手を取り合おうという方向に考えられたからよかったけど、一歩間違えば斬鉄たちと同じ行動を起こしていたかもしれませんよね。

左京さんに至っては、ある意味斬鉄たちと同じことをしてきたわけです。鬼に家族を殺されたから鬼全てを恨んで、その命を奪ってきた。

でも、唯一斬鉄たちと違ったのは、香夜がいたこと。

 斬鉄とシグラギにもそんな人がいたら、何か違っていたのかもしれないですよね…。

 

剣が君はサブキャラもみんないい味出してる作品なので、どうでもいい人は一人もおらず、江戸菊の書も最初から最後まで楽しく読めました。家光様ほんとかっこよかったなぁ…♡

 

 

そして、最後に現れた百一話目の物語。

 

百日草の書。

ほんとにやられました…ここにきてこの展開はずるくないですか?w

 

あの日の出会いがすべての始まり。

もうみんなの言葉に涙が止まらなくて…。

 

彼らが歩んだ道の先は色んな未来に繋がっていて、どれが良いとか悪いとかではなくそのひとつひとつが、彼らの生きた人生の証だったと思います。

選んできた道に間違いなんてひとつもなかった。どんな結末を迎えても、真っ直ぐに生き抜いた答えの一つ。

私は彼らの人生を見届けることができてとても嬉しかったです。

 

私も色々乙女ゲームやってきましたが、こんなに全キャラ好きになれたのは初めてかもしれないです。

本編だけではここまで好きにはなれなかったと思うので、百夜綴りやって本当に良かったなぁと心から思いますね。

 

かっこいい!とかときめく♡とか糖度が!とかそういうんじゃなくて、なんていうか……

東海道の護衛仲間たちみんな、家族みたいに思えます。かけがえのない絆があるというか。

私は第三者目線のプレイヤーですが、香夜だけでなく私も、彼らに出会えて良かったなぁと思います。

 

剣が君は暗め、重めのシナリオではありますが、こんなに優しいゲームもそうそうないんじゃないかと思うくらい、心の中を温かくしてくれる作品でした。

 

 

まだ余韻がすごい。

なかなか剣が君ワールドから抜け出せない気がしますが…

明日から、遙かなる時空の中で3ultimateを始めたいと思います!

 

弁慶さんとヒノエくんが気になる。

名作と名高いので、期待値高めではりきってやっていきたいと思います!!

 

それでは。

剣が君 百夜綴り 70/100地点

 

とりあえず現時点で

天竺葵、山茶花、桜、

各侍たちの個別ストーリーまで読了。

 

一旦小休止的な意味で、ここまでの感想を。

ネタバレは普通にすると思いますので注意。

 

 

 

 

 

 

 

 

個別ももちろんいいけど、今回のは共通がえらく面白かった。

 

東海道の帰り道の話、かなり好きです。

護衛仲間たちがわちゃわちゃしてるの見るの楽しい。

 

地味に萌えたのが、鈴懸と左京さん。

左京さんって他人を信用してないというか、まあ仕方ないことなんだけど一人でなんとかしようって人だし、復讐一直線だから仲間と馴れ合うの好まない感じじゃないですか。

 

でも鈴懸にはやたら甘いですよね。

左京さん根っから優しくて世話焼きなんだろうな。ほっとけないもんね鈴懸。わかる。

 

鈴懸や九十九丸の素直さや無邪気さがあってこそ、護衛仲間たちはひとつになれるんだと思います。

 

 

そして山茶花の書での番付騒ぎ。

この物語の見所といえばもう……

 

 

左京さんの女装一択でしょう!!

 

 

このひと案外ノリがいいな???っていう。

乗りかかった船だとか御前試合まで間があるからとか言ってるけどわりと楽しんでませんか左京さん。

 

いや、いいんですけどね。

本当に美しかったので。

眼福でございました。

 

 

そして桜の書、化け物騒動ですね。

 

これ結構、話の展開が好きでした。

長屋の化け物騒動からの刀置いてけ幽霊騒動、さらに騒動の犯人を辿っていくと鬼が絡んできて…っていう。

トーリーの転がし方上手いなーって。

 

これの見所?

 

 

 

実彰さんの猫スチル一択でしょう!!!

 

 

 

 

くそ可愛かったんですけどなんなんですかね天使ですか????

実彰さん尋常ならざる美人(化け猫も認めるほどの!)くせにそんな可愛い笑顔まで持ってるんですか???最強じゃない????

 

もともと思ってはいたんですよ、綺麗な顔で冷たそうにも見えるんだけどスチルでちょいちょい幼い表情見せてるっていうかものすごい可愛い顔してるときあるっていうかなんて言ったらいいんですかこういうの??????

 

好きです!

もうこの一言に尽きる!

 

 

あとはからくり屋敷の縁とか

左京さんに助太刀する家光様とか

(っていうか左京さんのことになると護衛仲間集合する傾向がとても好き)

攫われた香夜を助けに颯爽と現れる九十九丸とか

最高のタイミングで現れるマイヒーロー鈴懸とか……

 

桜の書は他のより長いので色々と萌えポイント詰まってて本当に面白かった。

乙女ゲームやってるなぁって気持ちになりましたw

 

 

 

個別ルートに関しては

重い!暗い!好き!

って感じですほぼみんな共通で。

 

 どうしても本編の各エンドに絡む話なので、死亡エンド絡みの話も出て来てしまいますしね。

でもそれ以外は基本ほのぼのとしてて、可愛らしく温かみのある話でした。

 

 一番最後にやったのが左京さんだったせいか、左京さんが一番心にガツンと刻まれた気がします。

 

あの、一番最後の話がとても好き。

鬼の子供の話。

その前が左京さんの過去の話だったから余計に、乗り越えられてよかったなぁと。

左京さんが寺子屋の子供たちに教えたひとつひとつ、私も学ばせていただいたような気持ちです。

 

 

 あとは実彰さんの最後の話もとても好き。

荒魂エンドは後日談も、菖蒲の書の最初の話もそうでしたけど、どうしてももやっと感が残る感じだったので、上手いことまとめてくれて嬉しかったですね。

実彰さんほんと幸せになれ。

 

 

各侍たちの過去の話がそれぞれ描かれてますが、個人的に一番しんどい過去だなぁと思ったのは、意外にも縁でした。

 

親兄弟殺されたり迫害を受けたりっていうのもたしかにすごく辛いんだろうと思うんですが、いかんせん壮絶すぎて、心情を慮ることはできても共感はできないんですよね。

 

その点、縁の過去はずいぶんリアリティがある辛さだと思います。

 

父と兄からの期待に応えようと前向きに真面目に努力してきたのに、大切な試合で裏工作されるなんて辛すぎません?

誰も認めてくれてなかった、信じてくれてなかったんだという絶望。本当に心を抉る…。

八百長バラせば藩全体を巻き込む問題になってしまうからそれもできず、甘んじて偽物の勝利を受け入れるしかない。

それによって地位を得て大きな責任を負わされて。

せめて責任を果たしたいのに、実力が伴わないのだと突きつけるように刀も応えてくれない。

 

なんのためにここにいるのか、どう生きたらいいのか、わからなくなるのも無理ないですよね。

本編の縁ルートをやったときは、彼のストーカーぶり()に困惑してあまり楽しめなかったんですが、この過去を踏まえてもう一度きちんと本編やり直してみたいなあと思いました!

真面目な縁は結構好き。

 

 

 今のところの感想はこんな感じですね。

極端に螢と九十九丸の話に関する感想が少ないのは許してください。それなりに萌えたのですがあまり好みのタイプでないのですww

 

 

残すは二輪草と江戸菊ですね!

家光様が最近やたらかっこよく見えてきたのでどんなお話が見れるのか楽しみです。

 

遙ときと同時進行しようかと思ってたけど、やっぱり入り込みたいので百夜綴り最後までやってから始めたいと思います。

 

それではまた!

 

胸の内にて愛は暴れき

乙女ゲームが好きです。

 

あんまり周囲からの理解を得られるジャンルじゃないと思ってるし

そもそも理解を大して求めてないし

完全に個人的な趣味の世界だと思うので

そのへんに関しては別にいいんだけれども

 

萌えを吐き出す場所は欲しいよねっていう話。

 

ゲームの好みもキャラの好みもストーリーの好みも人それぞれだし

萌えツボとかってほんとに人と分かり合えない微妙なとこだったりするし

乙女ゲーム好きな人たちで集まって話したところで、意外と理解し合うのはむずかしい。

 

誰にどう言ったって表現しきれない萌えの大爆発が体内に起きたとき、とにかくそれをぶつける場所が欲しいのです。

ただぶつけて、誰の目に留まらなくても未来の自分が読んだ時にわかるわ〜っつって共感してくれればそれでいい。

 

そういうブログです。

 

 

今日から遙かなる時空の中で3 Ultimateと

剣が君 百夜綴りを同時進行していく予定なので

何かあった時用に開設しました。

 

 

 

↓↓所持ゲーム↓↓ *()内は推し

PSP
AMNESIA(オリオン、トーマ)
AMNESIA LATER
AMNESIA CROWD
うたの☆プリンスさまっ♪ All Star(カミュ
うたの☆プリンスさまっ♪ MUSIC
うたの☆プリンスさまっ♪ MUSIC2
*三国恋戦記〜オトメの兵法!〜(仲謀、孔明
*十三支演義〜偃月三国伝〜(夏侯惇趙雲
*十三支演義〜偃月三国伝2〜
*大正メビウスライン portable(時雨)
*Princess Arthur(ガラハッド、モードレッド)
*明治東亰恋伽(菱田春草、藤田五郎)

 

 

PSvita
*あやかしごはん おおもり!(犬嶌謡、犬嶌詠)
うたの☆プリンスさまっ♪ MUSIC3
OZMAFIA!!-vivace- (キリエ)
*下天の華 with 夢灯り 愛蔵版(明智光秀
*剣が君 for V(鈴懸、黒羽実彰、鷺原左京)

*剣が君 百夜綴り

*戦場の円舞曲(ニケ)
*大正メビウスライン vitable
*ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚(星川翡翠、鴻上滉)
*Binary Star(カノウ・チカイ、コノミ・レイラ)
*華ヤカ哉、我ガ一族 モダンノスタルジィ(宮ノ杜雅)

遙かなる時空の中で3 Ultimate

 

PC
*大正メビウスライン
*大正メビウスライン 帝都備忘録


乙女ゲー歴は3年ほど。
第三者視点で楽しむタイプ。
基本的にフルコン、トロコンする派。
シナリオ重視、恋愛過程重視。重めの話が好き。
主人公ちゃんが好みかどうかが作品の好悪判断基準。
一番好きな主人公ちゃんは下天のほたる。
次点でプリアサのアル、剣が君の香夜。

好きなシナリオライターは中条ローザさん、片桐由摩さん。
好きなイラストレーターは悌太さん、読さん、東夕陽さん。
好きな声優さんは前野智昭さん。

 

 

そんな感じで。